2000年6月に前身となる有限会社アロマティークをスタートして、当初からオーガニック認証を保持した精油および植物油をお届けしてきました。
私たちは精油を活用したアロマセラピー(芳香療法)を通して、これまで多くの皆様に「感覚にのこる香り」をご提供してきました。
普段意識する以上に、嗅覚は私たちの日常生活の大切な役割を果たし、私たちの心身の機能をコントロールしています。
香りを単純に嗅ぐのではなく、「感じる香り」。
香りを単純に混ぜるのではなく、「相乗しあう香り」。
これは私たちがアロマセラピーの概念の根本として2000年から追求し続けてきたことであり、いつでも私たちの感覚のスタートは「香りをたのしむこと」です。
そして、私たちはその感じる香りを多くの皆さんにご提供できるようにと願い、農家契約から品質管理までを徹底して行います。
感覚を文字や言葉に変えて「見る」ことは容易ではありませんが、香りとして共有することは可能であり、
そこから私たちの本能とバランス感覚を整える脳への伝達を経て、働きとして結果に気づくことができます。
私たちは、「洋服を着替えるように香りを着替える」を基として、その日の気分、体調、天候にそった楽しさ、
そして感覚の違いをセルフケアに変えることができるように、真のアロマセラピーへの取りくみ、そして研究を続けていける会社でありたいと願っています。